【硫黄島ジャンベ合宿】たけちゃん と まこっちゃん

2017.07.25 Tuesday

0

    こんにちは!
    週末はワンラブピースキャンプの出店もあり
    あっというまに、25日ですけれど27日(だいたい夜中)が合宿のお申込み締め切りとなっております!
    あと二日です!
    もしまだお申込みされていない方がいらっしゃいましたらぜひお申込みください。

    今回初参加の方にはこちらからご案内のお手紙をお出ししております!
    もう届いている頃かと思います。初参加でまだ手紙来てないよというかたはご連絡ください。



    ということで、今日は我々チアフルマークの硫黄島合宿で
    外せない方のご紹介です!



    向かって左のタケちゃんです。右はチアフル店主
    ご存じの方もたくさんいらっしゃいますが、 知らない方のために説明いたします。

    もともと二人は同じ大学の陸上部です。タケちゃんが2年先輩ですが1年で大学を卒業したので実際には大学では出会っていません。同じ部活の共通の知人に紹介してもらい出会いました。
    そこから意気投合し2004年に東京下北沢にて たけちゃんとまこっちゃん二人で「アフロディーテ」という小さなジャンベ屋さんを始めることになりました。その時は二人とも20代半ばでジャンベも叩けないし、皮張りもできなくてでも毎日一緒で楽しくて、
    ジャンベ屋さんだからジャンベを叩けないとね!と一緒にジャンベを習いに行ったり、夜中近所のファミレスの駐車場でジャンベを解体して皮張りを研究したりしてました。二人で初めてイベント出店なんかも行って、テントも持って行かず周りの出店者さんに助けてもらったりしたこともあり(いまではその時助けてくれた周りの人ともすっかり仲間です。)たくさんの時間を一緒に過ごしました。

    とにかく前世では恋人だったんじゃないかと思うくらい仲がいいです。
    その後、タケちゃんは東京で家業を継ぐ事になり、それとともにチアフルマークは鎌倉に独立しました。
    しばらくしてタケちゃんは家業をしながら渋谷で今の一期JAMの前身となるワークショップを始めずっとお互いにいい形で協力し合っています。

    現在は一期JAMというNPO法人を立ち上げ、 ジャンベワークショップの運営、演奏活動を柱に幼児教育支援、ひきこもり支援、難病支援、 世代間ギャップの緩和活動、アフリカと日本の架け橋となるような活動、 フェアトレードのコーディネートなどを行っています。
    http://www.ichigoja.org/

    5月からは下丸子でジャンベとアフリカの洋服雑貨Wontanara-Tokyo(ウォンタナラトーキョー)
    https://www.facebook.com/WontanaraTokyo/
    を始めてますます発展しています。

    硫黄島合宿も一年目からタケちゃんは一期JAMのメンバーと一緒にきてくれて、2年目からは家族で参加してくれています。
    見ればわかる通り、ずっとニコニコ笑っています。あとずっとよくわからなくて、でも笑っちゃうようなことを言っています(笑)
    とにかく優しくて硫黄島合宿の愛すべきムードメーカーです。

    当日はたけちゃんまこっちゃんをよろしくお願いしまーす!



    ということで、合宿お申込みお待ちしておりまーす!
    http://cheerfulmark.com/?mode=f4








     
    コメント
    コメントする